読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人になりたい

‪怒ってたのもどこかに消えてしまって今はただただおなかがすいている‬。食べ逃したモスバーガー。本当は、本当は、って何度も何度も言ってたら本当のことがなくなっちゃうよ。そんなことを言う前にしたいことはすぐにしてしまいたいのに。意地はって怒って悲しんでるうちにできることがたくさんあるのに。でも嫌なことは嫌だし、悲しいことは悲しいし、その事実はどう我慢しても見方を変えても変わらないし。より良く一緒にいたいっていうのはわがままなのかなー。そのままでいいよって言いたいけど言えない。好きだから。好きだから。好きだから。

とりあえずおなかがすいた。こんな時間に餃子とビールをぶちぎめたい。山盛り食べたい。ラーメンも食べたい。今夜は恋人っぴも寝てるしとっとと帰ってとっとと寝よう。ラーメンと餃子とビールは恋人っぴと食べたい。

昼ドラみたいなのはやだな

恋人っぴ愛してる。何があってもずーっと一緒にいたいよー。

話を聞いてくれて手伝ってくれて抱っこしてくれて手を繋いでくれて一緒に眠ってご飯を食べてあれしてこれしてるうちに1日はあっという間に終わってしまう。

色んなことを考えたいけど忙しくてそれどころではなかったりする、でも一緒なら少し考えられそう、と思ったりすることもある。

とりあえず今夜はもう寝よう〜って毎日思ってる気がするな。恋人っぴの優しさを思い出して眠れる幸せ。ふかふかの布団の中でふかふかの布団のことを思い出す。

お茶碗

今日は久しぶりに休みの日に早起きできたけど特に何かするわけでもなく、食べたかったものを食べてあてもなくぶらぶらしたり少し買い物したり、ゲームしたりごはん買ってホテル行ったりと、ものすごく平凡な1日って感じだった。早起きしたんだしもっと何かすればよかったかなとも思うし、こういう日もいいなって思うし、ぜんぶ含めて生活って感じ。わたしが欲しいものは生活の中にある愛なので、幸せだなと思う。楽しいことも嫌だなってことも、ぜんぶ含めて幸せだ。いつかすべてが生活になったらいいのにな、なんて思ったり。恋人っぴがスヤスヤ寝ているので、細心の注意を払って隣にいる。まだそんな感じ。

ハンドメイドホーム

バイトのぶんのお金はしょせんあぶく銭と思って自分や人のためにガンガン使うことにしてるんだけど、年末年始の休みがあったあいだのお給料はきっと少ないだろうなーと思ってさっき見てみたら思ったよりたくさん入っていたので、なんか自分ってけっこうがんばってるのかな〜と思ってしまった。だからあぶく銭だなんて思わずに大切に使おう。パッと使ってしまうのもそれはそれでよいお金の使い方だと思うからぜんぜんいいしこれからもそういう使い方をするんだろうけど、もう少し使うときの心持ちを変えようと思った。いろんな人のおかげでそのお金が稼げているわけだし。

と思いつつ新しいMacとカメラを買おうと画策するわたしであった…。よい生活のためにガンガンお金使ってガンガン働くぞ〜。

今日はいちかちゃんとおすし食べて楽しかった。恋人っぴともはやく一緒におすし食べたい。毎日毎日恋人っぴはとてもかわいい。よりよい生活のために生きる。

f:id:sekidome_syrup:20170117042849j:image

抱きしめてせきこんこん

こんなことが言えるくらい甘えているとか自分にもこんなことが言えるんだとか、言えるのは今のうちしかないとかいつかはもっと大人になってそんなこと言えなくなるとか。

セックスをしたら全身の凝りがほどけてちょっと素直になれる。怒る暇があるならセックスしたほうがいいかもしれない。

どん兵衛のそばをやけ食いしたら胃もたれしてきた、つらい。あれやっぱり脂っこすぎ。

恋人っぴがプレゼントした服を着てくれててうれしかった。そういう喜びを最優先にしたい。さみしさを越えたいし超えたいし、そういう感じ!

久しぶりにちゃんとベッドで寝よう。

恋人っぴのお仕事が無事に終わりますように。

おやうに。