誰にも気づかれないようにキスをした

この世界にあふれかえるキラーチューンをいくつも追いかけて、ぜったい忘れられないようなものばかり集めて、それだけで自分をまるごと全部ちゃんと肯定してもよいと思った。