鮟鱇のブロデット

床に倒れこんだらとても気持ちがよくて化粧も落とさず眠ってしまった。ビールを飲んでほてった頬がまだあつくてすこししめった夜風で部屋を満たそうとしたまま窓を閉めるのを忘れて寒くて目が覚めた。仄暗い部屋でぼんやり鏡を見ると落としてない化粧がかわいくて鬱陶しい。時計は5:30。久しぶりにそんな時間まで起きている。でも目覚ましに叩き起こされるでもなく自然に目を覚ましたのですこし楽しい気持ちになったけどまだねむいからそのまますぐ寝ようとして、でもやっぱり同じことだからと化粧を落としに行った。洗い終わってからお母さんがくれた大好きなRMKのジェルをつけたらグレープフルーツのいい匂い。つけながら爪が見えて「ああ新しいマニキュアが欲しいな」と思って、これが「いつまでもつけたことのない色がほしい」というやつなのかと思った。寝落ちすると自分のまわりだけ世界がなくなってしまったような気分になるけれどそうこうしてたらだんだんまともな感覚が戻ってきて、そしたら今度はひどい胃もたれに気づく。ウーンウーンと言いながらなんとなく写真の整理とかをしてたら一時間も経っていた。仕事以外でフォトショを使うことがなくなってきたから久しぶりに使おうと思い先日バラ園で撮ってきたバラの写真にいくつか手を加えてみた。バラ園にはやっぱりキャノンやらニコンやらの大きなカメラをかかえた人がたくさんいてちょっとうらやましくなった。わたしは写ルンですiPhoneで撮影した。現像に行けてない写ルンですパンドラの箱のようであけてはいけないのだけどあけてみたい。それは全部でみっつあって、もう何を撮ったか思い出せない。海遊館のシールが貼ってあるからイルカとペンギンとイワシの群れの写真があるといいな。あとジンベエザメ

 
再びベッドにもぐりこんであんまり寝れてないし今日は昼前からだからもう少し寝れるし寝なきゃと思いつつホットケーキミックスをさくさくと混ぜることで頭がいっぱい。なにかおいしいものが食べたい。それでも脳みその裏っかわにチラチラとのぞくスカートのすそのほつれみたいな気持ちが気になってベッドから出れないけれどそんなのちゃんと縫い合わせればいいしそれでおしまい。
 
なんてことを考えてたらいつの間にかまた寝ててそのまま大寝坊。ホットケーキの夢しか見れなかった。
深いのか浅いのかよくわからない朝を経て迎える一日は長いのか短いのかわからない。身体がうまくなじんでない。とか思ってたけどやっと届いた菊地成孔の本をちらりと読んだら一気に調子がいいな。うーん、おなかすいた。