つまんない秘密ほどよく燃える

服着るの大嫌いなのに高いコート買ったりしておまけにこれはお直しに出したほうが絶対カワイイ〜とか思ってるのマジディストピアだけどこのコートめちゃくちゃあったかいから年末の寒い寒い京都でも笑って過ごせるねがんばろっ

てな感じで理想と現実のバランスをとるのがめちゃくちゃ難しい。かわいいものをそのままかわいく伝えるにはどうしたらいいんですかね?かわいいと思えば思うほど難しくなっちゃうんだよだって自分がかわいくないから。

「焼肉」と「ヤンキーニート」で踏めるかな?

楽しいことがしてみたいしつまらないこともしてみたい。ていうか目の前の忙しさとか京都旅行とかひかさのライブとかに夢中になってたら今週末の詩の朗読会のことすっかり忘れてたからブログ書いてる場合じゃない。
今回の京都旅行は一泊だけだったしもうだいたいの必要なものの予想はついてたから荷物も朝起きてからババッとリュックひとつだけにつめこんでちょっと家でだらだらしてからふらふらっと出発して、京都に行くんだ!みたいな感覚が全くなくて不思議だった。倉敷から岡山まで行くような感覚の延長って感じでどこを歩いても大丈夫だった。不安もドキドキもなく全部日常の中にある。でも深夜にタクシーに乗るときはいつどこにいてもドキドキする。むらやのピータン豆腐はおいしい。

だいたいいつもそんな感じ。
きっといつまでも友達なんだと思う。