死ぬまで互いに感動を

久しぶりにスーパーに行ったらいろいろと変なものがあって楽しかった。なりゆきでかじるみかんや巻き寿司はとてもおいしい。たくさん残っている飲みかけのデカビタを忘れてきたって今思い出して、ああ、あれはなんだっけって思い出そうとして、それだけで今日という一日がとても美しく思える。どこまでも優しい。天気が良すぎていつもより薄着のつもりでもなんだか暑かった。急いで適当にした化粧はすぐに崩れてしまったけれど、その方が綺麗な気がした。言ってしまえば欲しいものなんてひとつもなくて、ただひとつ望みが叶うなら言葉を交わしたいってそれだけ。

ギターを背負ってどこかに行きたいと思う。去年の秋のはじめに外でギターを弾こう!と言ったときは芝生がバッタだらけで諦めた。あれは山奥すぎた。そろそろ春がとても恋しいから、またお花見弁当とギターを持ってどこかに行こうよ。天気が良くて咲き始めの人が少ないところで。