歌にしなきゃ越えられない日々が

但野さんが歌いながら握っているマイクをもう片方の手でつんつんって指さす仕草が好きだ。歌がそこにある。たまらない気持ちになる。

CDが出たことのうれしさとか彼らのかっこよさとか美しさとか強さとかはたまた弱さとかまで、今までのもの全部再確認してまたひとまわり大きくなった。但野さんがやっぱりこれは当たり前のことではないと言っていて、CDが出て、実際にそれを手にとってから聞くその言葉に涙があふれてあふれてあふれてもう止まらなかった。但野さんの少し長めのMCを先生の話でも聞くかのようにちょこんと立ったまま聞いているみんなの姿がいつもとても好き。
ハローアゲインが始まった瞬間に、何回か聴いたことがある曲なんだけど今までで一番強くああ彼らは本当に“バンド”なんだなと感じた。うまく言葉にならないけれどバンドとしての美しさがめちゃくちゃに爆発してて、惚れ惚れとしたし、ドキドキしたし、そんな光景が心の底からうれしかったし、本当に感動してあの曲のことも彼らのことももっと好きになった。最終少女ひかさというバンドが好きだ。
あとここ最近のライブでいつも思っているのが、鍵盤のラモネスさんがどんどんバキバキにかっこよくなっている。間違いなく世界一かっこいい鍵盤弾きは最終少女ひかさのラモネスさんだと思う。あんなにいい顔で弾く人初めて見たもん。鍵盤を弾いているときのラモネスさんの表情は本当に本当に本当に最高なの。
ああもうこんなのちょっと書こうと思ったのにやっぱり止まらない。まだまだいくらでも書けるし本当に大好きなんだ。アンコールがあんなに心からうれしくて楽しかったのは今日のライブが初めてかもしれない。壊れるなをしてくれて本当にうれしかった。大好き。