楽しい日曜日

思っていることはもう全部そこに書かれていて、わたしはひとりでそれに頷きながら頬が少しあたたかくなるのを感じていた。面白くて美しくてうれしい夜だった。

あまりにも濃厚な三日間。ひとまずは泥よりもやわらかくとろけて眠る。
ぴったりとくっついていなくたって、ほんの少しだけでいいから存在が近くにあると感じられたら最高に幸せだなあ、と思いながら帰宅した今日の帰り道。髪の毛から夏の夕方の匂い。