ドライブスルーを2回

帰宅即寝落ち、からの目覚め、からの電気を消してもう一回寝るがうまく眠れない。という一連の流れをやってしまったので今朝は寝起きが悪い。
でもでも、3日間の夏休みでわたしは合計でたったの3秒くらいしかストレスを感じなかった。ずーっと心地よかった。多少の緊張はもちろんあるし、全てを見せられるわけじゃない。そういう状況だといつもはだいたい1日未満で嫌になって投げ出したくなっていたのに。全然嫌じゃなかった。わたしをそういう状況に置く人の多くは過干渉で、そういう態度にわたしはいつもすぐにイライラするんだけど今回はそういうことが全くなかったし、今やっと気付いたけど知らず知らずのうちに「全部ゆだねてもいいんだ〜」みたいな意識をもらっていることに気付いた。素晴らしいことだと思う。本当に気が楽だったしとても幸福だった。
都会の避暑地は見渡す限りのコンクリートジャングル。3回くらいしか外に出なかった。散歩程度。好きなだけ眠ってたまに起きて本を読んでたまになにかを食べてまた眠って。夜はベッド、昼はソファー。たまに起こしに来る人。よく効くエアコンとよく冷えたミネラルウォーター。自堕落な出前寿司。お気に入りのTシャツが部屋着。最高の退屈。
ずーっとあのままだったらよかったけど、今日からまたがんばらなきゃね〜。素晴らしい3日間に感謝。おやすみなさい。