ぐちゃぐちゃで楽しそう

やっぱりどうしても匂いを保存する方法はないものかと考える。わたしひとりでは作れない匂い。世界一かわいくて世界一えっちな匂いだ!

寝る前、化粧を落とすのをちょっと躊躇して反芻する。ものすごく安らかで少しときめいて、かなりなごりおしい。匂いを保存する方法はないものか。

まだ少しくちびるがしょっぱくて、それでまた会いたくなると思うんだけど、どうかな。ねむいな。

朝は今日も早く夜はとても遅くひるはとてもながいのさ。
早く恋人っぴの家の毛布と同化したい。ねむたい。