恋は塩味

涙も汗もしょっぱいので恋は塩味。恋すればするほど涙と汗はたくさん出る気がするし。

 
不倫で辞職になった議員の話とかしながら指輪のついた指で誰かを抱きしめるような画に胸がときめくね。生臭い話に嫌気がさして「お前ら全員石田衣良でも読んどけ〜」みたいな気持ちになる。わたしは石田衣良の『夜の桃』という小説が大好き。不倫の話です。
 
恋をするといつもこの恋はどんな終わり方をするんだろう?と考えてしまう。だからなのかなんでなのか、恋が終わる物語が好きだ。
 
でも本当は終わらなければいいし、死ぬまで抱きしめていてほしい。もしくはベッドルームで見せるわたしのことを死ぬまで覚えていてほしい。
 
眠るときのクセとか、わたしにとっては宝物だよ。
早くまた一緒に眠ろうね。
普通に朝を迎えて普通に抱きしめて!
おやうに。