くたくたの終電で恋は加速

全方位敵だなーって思っちゃうようなことが死ぬほどあってもそんなのたぶん全然関係ないって言える強さしか必要じゃない。

単なる好き嫌いで話せないことが増えていくのはたまらなく不快。社会生活なんてクソ食らえバカヤロウあーもう永遠にDSやって家から出たくない。なんて思っても明日も朝からいってきますで天使の笑顔で心というものに見せかけた嘘ばっかり〜。
あーでも美しい嘘が好きだな。美しい美しいなにかがほしいな。
どんなに汚くても朝日を見れば、朝日に照らされれば、全て美しく思える。そういう点では全然救われてるでしょ。でもやだやだやだやだやだやだやだやだやだやだやだどこにもいかないで今すぐどこかに消えてあーめんどくさい。メンヘラごっこして大事にしてるつもりの遊び。
 
こんなの疲れてるだけで、本当は終電車ですれ違っていく恋のことしか頭にない。
新幹線ですれ違ってたときもサイコーって思ったし、愛は最高のタイミングで加速する。
 
タイミングってすごく大事だけど、そんなのガン無視して今すぐ会いたいときもある。
 
あーもうねむいな。君の夢になりたい。おやうに。