いい感じのゲリラ豪雨

素直になるとか本当の自分だとか、そんなの簡単にはできないけどとにかく楽しく過ごしたい!けどそういう思いだってちょっと曇ってしまうときもある。100点満点じゃなくてもプラマイゼロくらいでスヤスヤと眠る君の顔や身体を薄暗がりの中でみつめていられる幸せ。

こんなふうに愛しくてたまらないって思ってたはずなのにな、あの人もこの人も。なんて思ってしまうのは暇だからかな。

過去の悲しみや苦しみなんて、今を生きるためには別に必要ないでしょ。たとえ今まで誰にも大切にされてなかったとしても、それを新しい誰かに全てぶつける必要なんてない。

まだヘタクソなデートコースだって全然問題ないし雨に降られて見つけたのは駐車場のかわいい犬だった。同じことで笑えて幸せだなーなんて久しぶりに思ったかも。

好きな人が自分の前で寝てくれるとすごくうれしい。すごく大切にしようって思う。

時計が少し腕に馴染んできて、愛おしくて文字盤を指で撫でていたら横目で見られてちょっと恥ずかしかったな。

いい感じのゲリラ豪雨、月経周期基礎体温なんて知らないけどぜんぶぜんぶぜーんぶ知ってほしいよ。このちっちゃい愛を今日は誰にもじゃまさせないのだ。おしゃべりするくちびるも声も優しく触れる手も今日は君だけのものだよ。それがふたりの日曜日でしょ。

となりにちょっとよりそって、眠る君がかわいいからわたしも寝ちゃお。今日は日曜日。

 

追:

恋人っぴが大きいベッドのど真ん中を占拠してふかふかの布団もひとりじめしてくるまってスヤスヤと寝てたのが最高にかわいくて、その横でいくら温度を上げても寒いエアコンの風に吹かれてぶるぶると震えながらすばる7月号を読んだ。今回のグラサン便りは微妙だったけど幸せな時間だったな。

時計を外すのがさみしいからつけたまま眠りたい!