キスする前に

aikoの「キスする前に」という曲の“毎日二人がもらえる決まった時間/甘く使うのも泣いてみるのも自由”という歌詞が死ぬほど好きなんだけど、ほんとにその通りだな〜と思うことばかりの毎日。

あと“恐れることは何もない/今は二人だけの世界/嘘をつく本当も話す/特別な仲よ”ってとこも大好きで、聴くたびにもう!!!!嘘をつく本当も話す特別な仲ってなによ!!!!もう!!!!好き!!!!!ってなる。

も一度リップ塗るから〜ってとこも最高なんだけど!とかって言ってたらきりがないので好きな男性がいる女の子たちに一度は聴いてほしい名曲。

 

そんなことを思ってしまうくらい恋人っぴのことが好きで好きで好きで、でも恋人っぴのことを知っている人全員におおっぴらに付き合ってます!!と言える恋でもなくて。既婚者とかそんなんじゃないけど、お互いの仕事的にこれは言えないなと思って、確認したわけじゃないけど絶対にそうで、心の中はおのろけ天国なのにそんなの絶対出せなくて。ちょっとさみしい。でも楽しくもあったりする。人がいなくなったら一緒にいつも通りに会話できるのがすごーーくうれしかったりとか、わたしのたったひとつの安息日である日曜日に会えるとすごくうれしいとか、楽しいこともたくさんある。

帰り道のキスがいつもよりちょっと熱いだけでわたしはたまらなくうれしくなってしまうくらい恋人っぴのことが大好きで、想いが完全に一緒で同じくらい好きになれることなんてぜんぜん望んでなくて、ただただこのピュアな気持ちがいつまでもいつまでもピカピカ光ってることを祈ったり守ったりキスしたり抱きしめたり気持ちをうかがってみたり手に触れてみたり一緒に眠ったりして大切に大切にするのがわたしの毎日だなって思う。

一般論にあてはめられる愛なんて必要ないし、わたしの目の前にいる君がぜんぶ好きだよ。髪の毛にさわったときの感触を思い出して感極まりそうなくらい。

あしたも雨だろうけど君に会えたらいいな。毎日二人がもらえる決まった時間。