長い夜

恋人っぴの唇がかなり荒れていて、忙しすぎるせいだろうな〜と思ったのでモアリップを買ってあげた。勝手に買ってあげて勝手に箱から出して勝手に塗ってあげてたら「そんなに塗るの??」と聞かれておもしろかった。人にリップを塗ってあげることなんてないから加減がわからない。加減がわからないくらい好きだな。ちょうどいいところでやめられる人がハッピーエンドだけど、そんなの無理だよ。いつでもあげられるだけあげたいし、世界一優しくしたいし、世界一好きなんだな〜。

“重ねたうでのぬくもりにとまどう二人”ってすごい歌詞だよなあ、と思う夜。おなかはいっぱいでとても幸せ。おやすみなさい。