ぶつかりあって同じぶんだけの傷を負って治していくことができないならひとりで傷ついているしかないのか。なんてそんなに大それたことでもないんだけど、言うなればそういうことなのかもしれない。ただたんにそういう気分というだけで、明日にはぜんぜん違う景色が見えるかもしれない。わからないことだらけで不安でしょうがなくて、自分が子どもなんだということを思い知らされる。ある一定の部分において子どもすぎるんだと思う。わからないならわかることを増やせばいいんだけれど、そのためにとる行動が幼い。好きな人には甘えたいけれど、だだをこねるだけが甘え方じゃない。自立の上にしか幸せは成り立たないということを今一度自覚しよう。

長い!!!!!

今日もというか今週もお疲れ様でした。

あしたは日曜日。

久しぶりにせーこちゃん聴きながら寝ようかな。