ラララのピピピ

いつもお金を出してもらったり何かをしてもらうことが当たり前?の世界にいるから、せめて自分の恋人っぴには自分からいろんなことをしてあげたいなと思ってひとまずデートのときは積極的にいろんなお金を払うようにしているんだけれど、このあいだ色んな女の子と話しててデートのときのお金のことについての話になったから素直に自分の現状を話したら、そんなのおかしいよ!変だよ!なんでそんなことするの?意味わかんないよ!とものすごく不思議がられたり哀れまれたり怒られたりした。うーん。

女の子は出してもらって当たり前、とまではいかなくてもある程度のことは男の人にしてもらうのが幸せのひとつであるというような価値観はものすごくわかるし、このあいだとある人のツイッターで見た「好きな男の子には奢ってもらうようにしてる、好きじゃない人には払わせない」という意見を見たときにウオーと思ったりもした。

でもわたしは好きじゃない人には払ってもらう世界で生きてるので、どうしても価値観が逆転してしまうんだと思う。好きだからしてあげたい、というふうになる。

それでもときおり恋人っぴと一緒にいるときにレジなどで恋人っぴがお金を払っているところを見ると、ものすごく幸せな気持ちになる。愛しくなる。この人、わたしのこと好きなのかな?と思う。この感じわかるかな?なんかすごい自分のためにしてくれてる〜って気持ちになるの。好きじゃないとそんなことしたくならないでしょ。

そう考えるとわたしにとって“相手のためにお金を払う=愛情の表現”なんだと思う。だからしてあげたい。払いたい。

他の女の子には変だと言われても、わたしは恋人っぴのために、恋人っぴと一緒にいる時間のためにお金を払いたいよ。好きだもん。もうすぐラブリーな女の子たちとの飲み会があるからこういう話いっぱいしたいなー。

おはうに。